この記事の所要時間: 28

image

 

アフィリエイトをやっている人でなくても、
スパムメールやスパムコメントなどという言葉を
聞いたことはあるでしょう。

 

本来スパムっていうのは上の写真のお肉の缶詰です。

 

ではスパムとメール、コメントとは何の関係が!?
(続きは本文のあとで・・・)

 

 

こんにちは、ゆーすけです。

 

ブログを運営しているとどうしても避けられない、
スパムコメント(日本語名:迷惑コメント)。

 

スパムコメントをほぼ自動で退治し、なおかつ寄せ付けないようにする
方法があったら便利だと思いませんか?

 

本日はWordpress技術シリーズ[Spammer Blocker]という
プラグインのご紹介。

 

Spammer Blockerの導入

Spammer Blockerを導入する方法は次の通り。

1)プラグインより新規追加

image

 

2)検索に[Spammer Blocker]と入力して[プラグインの検索]をクリック

image

3)いますぐインストールをクリック

*写真はすでに導入しているのでインストール済みとなってます。

image

 

Spammer Blockerの設定

特に設定をする必要はないのですが、細かい設定もできます。

例えば、特定のipアドレスをもつ人間をアクセス禁止にしたり、
コメントさせないといった使い方も。

ちょっと解説しておきましょう。

 

1)設定から[Spammer Blocker]をクリック

image

 

Spammer Blockerの画面解説

画面1

image

画面2

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽く英語の説明はそんな感じです。

入れておくと手動でコメント欄のスパムを削除する必要が
なくなるのですごく便利。

 

ちなみに、画面2の右上に古くなったipアドレスを削除する
という項目がありますが、理由は次の通りです。

 

【基本】IPアドレスはインターネット上の個人を識別する一つの住所

固定IPというものを使っていない限り、あるタイミングで変動する

 

 

このあるタイミングというのはすごく難しいのですが、
月に1度ぐらいはipアドレスは変わっていくという風に思えば
いいでしょう。

 

つまり、Spammer BlockerはAkismetというスパム検出プラグインから
スパムとおもわれるipを抜き出し、データベースを登録することで
自動削除を行なっているのです。

 

このデータベースはipが適宜変わってしまう以上ある程度の
月日が経つと役に立たなくなるので削除するというわけですね。

 

 

便利なので入れとくといいですね^^

 

 

 

スパムの語源(おまけ)

「SPAM」とは、Hormel Foods(ホーメルフーズ)社の味付け豚肉の缶詰の商品名のこと。イギリスのコメディー番組「Monty Python’s Flying Circus」(モンティ・パイソンの空飛ぶサーカス)の有名なコントに次のようなものがある。レストランに夫婦が入ってきてメニューを選んでいると、近くに座っているバイキングの一団が「SPAM、SPAM、SPAM!」と大声で歌いだす。次第に店員も「SPAM」を連呼しだし、最初は嫌がっていた夫婦も最後には屈してSPAMを注文せざるを得なくなる、という筋書き。ほしくもないのに大量に送りつけられてくる広告メールから、このコントでしつこく連呼される「SPAM」を連想したのが由来と言われている。

IT用語辞典より引用

 

ちなみに、迷惑メールやコメントのことはspamと小文字で、
お肉の方はSPAMと大文字で書いてよ!とSPAMの販売元は呼びかけているそうです。

 

ちなみに、私はアメリカ旅行中はスパムサンドイッチを
よく作ります。食パン買って、スパムきって挟んで、
レタスいれるだけで簡単だし美味しいですよ^^