このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Concact Form7に自動返信機能をもたせよう|メール(2)を使いこなせ!
[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る

この記事の所要時間: 137

image

 

こんにちは、ゆーすけです。

 

ここのところ、数多くのお問い合わせをもらったり、
自分がしてみたりして気づいたことを今日の記事にします(笑)

 

今日は是非コンタクトフォーム7を設置しているけど、
相手に問い合わせ内容を自動返信させてない人に読んでほしいと思います。

 

本当にお問い合わせ内容届いているの?

送信者がまず真っ先に気になる点って
実は本当にお問い合せ内容が届いている!?
てことなのかなと思いました。

 

情報商材アフィリエイターはこぞって
WordPressを使って、お問い合わせには
無料のメールフォームを使うか、
ちょっと技術のある人だとContact Form7
というプラグインを用いています。

 

当ブログはコンタクトフォーム7の設置に関して
かなり人気のあるコンテンツになってまして、
アフィリエイターではない方も参考にしていただいている
ようです。

 

>コンタクトフォーム7(Wordpressのお問い合わせ)の設置方法 (別窓で開きます)

 

あなたのメッセージは送信されました。ありがとうございました。と言われても・・・

よくお問い合わせをして、送信ボタンを押すと
WordPressでは次のような画面がでますよね。

image

 

あなたのメッセージは送信されました。ありがとうございました。

 

受けてはまぁ、これでいいのかもしれないけど、
送信者からしたら自分がどんな内容をいつ、送ったかの
コピーが欲しい時だってあるでしょう。

それに、もし送信者のメールアドレスが届かないものだった時に
お問い合わせ前に自動返信がある旨を記しておけば、気づいてもらえるから

 

Contact Form7に自動返信機能をもたせるには

image

 

コンタクトフォームには1つのフォームで
2つのメールが使えることを知っていますか?

手順は次の通り

 

コンタクトフォームに自動返信機能をもたせるには?

1)メール(2)を使うにチェック

2)宛先:には
[your-name] <[your-email]>
と入力する

3)差出人:には
サイト名+<メールアドレス>
と入れておくといいでしょう。かえてもOK

4)メッセージ本文:には
[1]:文頭に[your-name]さん(または様)
[2]:メッセージを預かった旨を記す。
[3]:お問い合わせ内容:以下は上のメッセージ本文(メール)からコピペ

 

 

たったのこれだけです^^

 

ちなみにファイル添付などを使えば
特典などをお問い合わせしてきてくれた方に自動的に
配布するなんて技も使えますね^^

 

コンタクトフォーム7を使っているところまでは
みんなできているのですが、このさきが結構できてないのでは!?

 

なんて言いながら・・・実は自分のサイトも出来てなかったので
今回の記事が出来たんですけどね。ぜひこの設定をしてない人は
やってみるといいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Concact Form7に自動返信機能をもたせよう|メール(2)を使いこなせ!
[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る