この記事の所要時間: 158

sitekyouka

 

こんにちは、ゆーすけです。

Tさんからご相談があった内容を数回に渡って図式化していきたいと思います。テーマは「サイトを作り終えてからどんなことをするか?」

今日は記事をある程度入れてサイトが出来上がったあとに何をしているのかっていうお話をしていきますね。

 

サイトは作りっぱなしでは陸の孤島なのでgoogleという地図に島の在り処を教えてよう!

まず、超初心者レベルのお話をすると、サイトを作っただけではだめなんです。せっかく作ったサイトをgoogleに拾ってもわないと検索からお客さんを引っ張ってくることはできません。

これをgoogleにインデックスさせるという言葉でいうんですが、まずはgoogleに自分のサイトのアドレスはここですよー。というのを教えてあげます。

このやり方にはいくつかあるのですが、本当に瞬殺で登録をさせたいのなら、google search console(旧:googleウェブマスターツール)に新しく作ったサイト登録し、fetch as googleというコマンドを利用します。

登録手順1 Search Consoleへサイトを登録

  1. Google Search Consoleへ移動(別窓)
  2. 初回登録の場合は次の画面でプロパティを追加」をクリック
    2つ目移行の登録はしたの「プロパティを追加」をクリック

searchconsole5

 

searchconsole1

登録手順2 サイトの所有権(本当に持ち主かどうか)登録

  1. 登録後に出てくる所有権確認では「別の方法」タブをクリック
  2. HTMLタグの赤枠を作ったサイトの<head>内に組み込んで確認をクリック

 

searchconsole6

searchconsole7

シリウスならサイトの詳細設定の画面で簡単にタグを登録できます。無料ブログの場合はhtmlをいじらないとダメですよ。Wordpressはテンプレートが優秀なものだと登録出来る専用の項目があります。

searchconsole8

登録手順3 サイドバーの「クロール」から「Fetch as Google」をクリック

searchconsole3

searchconsole4

 

やってみれば簡単です。一応これで終わりです。あとはしばらく待っていれば速けば作ったばかりのサイトでも10分後とかにトップがインデックスされているでしょう。

このサーチコンソールをつかいたい理由としてはたんにインデックスを促進するだけではありません。実際にどんなキーワードでこのサイトにきているかなどが分かるのです。

最近はGoogle/Yahooともにhttps化による暗号化の影響でアクセス解析上では隠されてしまうのですがサーチコンソールではほぼほぼ丸裸にしてくれます。

 

Google Search Consoleは爆速インデックス以外にもキーワードを丸裸にする「検索アナリティクス」やペンギン・パンダといったペナルティーを受けているかの情報を始め被リンクサイトなどの情報を取ることができます。これはGoogle Analytics(アクセス解析)と連携を取ると更に協力なツールになります。

ただ、登録をするということは・・・Googleに全てのサイトの所有権を教えることになるのでサテライトサイトからの自作自演などを教えてしまうことにも繋がるので諸刃の剣ではありますね。コンテンツ重視のパワーブログ系は逆に登録しておいたほうが良いと思います。

他のインデックス方法

あくまで今回のは一例ですけど、ちょっと時間がかかってもOKというなら、もっと楽にやる方法もいくつかあります。

  1. GoogleにPingを送信する(別窓)でアドレスを入れて待っておけば数日でインデックスされるでしょう。
  2. すでに持っているブログに新しく作ったブログのURLを貼っておく(これをインデックスブログと呼ぶ)もちろん、インデックスしたあとはリンクは消しちゃってもOK

この2つをやっておけばどちらにしろ大丈夫です。無料ブログの量産型の人はこちらで十分です。だってあまり記事の更新はしないでしょうから。

パワーブログを作る人は今回のGoogle Search Console(サーチコンソール)に是非登録しておきましょう。