この記事の所要時間: 420

image

こんにちは、ゆーすけです。

 

さて、毎回コメント欄で
「なにかすごいことをやっている」ことは伝わっている当ブログ
の量産シリーズ3回目でございます。
(いいんだろうか・・・いや分かる人にわかってもらおう)

 

第1回目はMT形式というファイル形式を学習しようという内容でした。

第2回目はbpTranというツールの使い方入門という内容でした。

(どちらも別窓で開きますからまず読んでない方は読んでおきましょう)

 

さて、今日これからお話する第3回目の内容はbpTranに組み込むための
ファイル形式の学習です。

 

それでは、今日も全体像を掴んで分かったふりをしましょう(笑)

 

bpTranを活用するのに必要なファイル

では早速始めましょう。

 

bpTranで量産をするために必要なファイルは2つです。

 

  1. CSVファイル・・・Excelで作ります。
  2. テンプレートファイル・・・CSVを流し込むひな形です。

 

CSVファイルとは?

CSVファイルとは?

Comma-Separated Values(略称:CSV)というファイルで
いくつかの項目(フィールド)をカンマ「,」で区切った
テキストデータ
およびテキストファイルのことを意味します。

 

通常はASPからダウンロードするのですが形式を理解するために
一度作ってみましょう。

 

作り方はExcelやOpen Officeで作って行きましょう。

 

1)必要な項目を入力します。

image

あとで実習用ファイルはダウンロードできるようにします。

 

2)名前をつけて保存をします。やり方は普段のExcelの保存方法と同じです。
*CTRL+Sを押すと「名前をつけて保存」ができます。

image

 

3)ファイルの種類(T)から[CSV(カンマ区切り)(*.csv)]を選択して保存します。
保存場所はデスクトップがいいでしょう。ここではファイル名を[kaden.csv]にします。

image

 

*この画面ではOKを押して下さい。

image

*この画面ではExcelの形式で保存する必要がなければ「はい」、必要があれば「いいえ」を
選択します。通常は「はい」でOKです。

image

 

4)デスクトップなどに[kaden]というファイルができていることを確認しましょう。

【正しいcsvのアイコン】

image

【こちらはExcelのアイコン】

image

 

背景にa,となっているのがCSV(csv)で、グラフが描かれているのがExcelのファイル(xlsx)です。保存に間違うとこれから先の動作はできません。

 

 

テンプレートファイルの作り方

テンプレートファイルは基本テキストエディタで作成します。

注意点は2つ

  1. 差し込みたい項目を[タイトル]にすること
  2. 保存時にhtml形式で保存すること

 

です。

以下のファイルをテキストエディタで作成して保存します。保存時にファイル名の後に.htmlと付け加えればOKです。

 

AUTHOR: 激安通販大王
TITLE: [商品名]
BASENAME: [ファイル名]
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 0
CONVERT BREAKS: __default__
ALLOW PINGS: 1
PRIMARY CATEGORY: [カテゴリ]
CATEGORY: 
DATE:
—–
BODY:

こんにちは、◯◯です。
最近すごく気になる家電があるのですが、
ちょっと紹介しますね。

[商品名]っていう聞いたことありますか?
楽天市場で売れ筋ランキングに乗ってたんですけど
最近電気屋に行く機会があって実物を使ってみたんです。

価格は[価格]という超お買い得な値段でした。

うーん。
すごい財布の紐が緩むわ・・・

そんな時に店員さんが近づいてきて、私に向かって
言うんです。

店員>
[キャッチコピー]

もうはっきり言って落ちました(笑)
即買ですよ。そう思いません?

[メーカー]の[商品名]は有名すぎますもんね。
その価格が[価格]だもの・・・いいかなって思うでしょ!?

そんな時、隣で奥さんが私の耳元でボソッっていうんです。

楽天で買ったほうが安いんじゃないのって?

うーん。たしかにそうかも・・・
そう思って調べて結局楽天で買っちゃいました。

<table width="640" border="0">
  <tr>
    <th scope="row">商品名</th>
    <td>[商品名]</td>
  </tr>
  <tr>
    <th scope="row">メーカー</th>
    <td>[メーカー]</td>
  </tr>
  <tr>
    <th scope="row">価格</th>
    <td>[価格]</td>
  </tr>
</table>

⇒ アフィリリンクはここにはる

—–
EXTENDED BODY:
[メーカー]の[商品名]を楽天市場で激安購入しました。その口コミを紹介しています。
—–
EXCERPT:

—–
KEYWORDS:
[商品名],[メーカー],[商品名] 口コミ,[商品名] 通販
—–
——–

 

ファイルはあとでダウンロードできるようにします。

 

まとめ

大切なのはCSVの1行目の名前とテンプレートファイルの
ところどころに[ ]でくくられた箇所が一致しているというわけです。

 

このテンプレートファイルの[ ]のところにCSVファイルの2行目から
11行目、つまり10商品のデータが差し込まれるということなんです。

 

昨日は記事を101記事あっというまに作れるという話を載せましたよね。
つまりデータが101行あって、それをテンプレートにいれて量産するわけです。

 

 

問題点はすべて上のテンプレートのような記事になってしまうので
内容を変えてやったりしないとやっぱりダメです。上位表示はできません。

 

ただし、すべて0から書くよりも部分的に加筆したり、修正したりしたほうが、
効率はいいですよね。

 

そうやってうまい具合に記事が被らないようにすることがポイントです。

 

特にタイトルは量産したあとの編集して変えるといいですね。

 

ぷぅさんというアフィリエイターさんにphpプログラム組んでもらって
楽天APIからCSVファイルを抽出するツールを作ってもらったのでそれを活用して
何か出来ないかをいまこっそり考えております^^
いい方法が見つかったらまた報告します。

 

 

【上記で作ったファイルはここからダウンロードできます】

https://dl.dropbox.com/u/31165328/kaden.zip

kaden.csv (データの素)

kaden.txt (テンプレートのテキスト形式)

kaden.html (テンプレートをhtml形式で保存したもの)

 

このデータがあれば昨日の記事を見てもらえば実習できるでしょう。

やってみてイメージを掴んでみて下さい。

 

 

さて、次回はいよいよ最終回。

SIRIUSに入れてみたり、無料ブログに入れみましょう。