この記事の所要時間: 051

 

よくマニュアルに○○○文字~○○○文字で
記事を書きましょうというのを目にすると
真面目な人ほどその文字を達していないといけない
思うでしょう。

 

実際には適当でもいいと思うんですが
それで手が止まってしまったら本末転倒!ですよね。
(結構稼いでいる人に聞くと、こういうこと全く
気にしてない大雑把な人多いです(汗))

 

さらに、
常にネット環境にいられれば、文字カウントをしてくれる
サイトを利用することもできます。でも常にそうはならない
という人もいるでしょう。

 

↓私はよくこのサイトを利用させて頂いてます(画像クリックで飛びます)

image

 

LEN関数を使うだけ

オフラインであなたのパソコンにエクセルが入っているなら
LEN関数を使うだけです。

 

B1のセルに

=len(A1)

と記述するだけです。

その後A1に作成した記事を貼り付ければ、
文字が表示されます。

image

 

その際に注意すべき事が1つ!

必ずA1のセルをダブルクリックして、
アクティブにしてから貼り付けてください。

成功例

image

↑成功していればA1のセル内に記事がすべて収まってB1に文字数が表示されます。

失敗例

image

↑A1をダブルクリックしないで貼付けしてしまうと、ただ単に
記事が貼り付けられてしまい、1行目だけがA1に貼られてしまいます。
そうすると正しく文字カウントができません。

 

オープンオフィスでも利用できるはずなので
どうしてもオフラインで文字数が気になるという人は使ってみるといいでしょう。