この記事の所要時間: 120

Windows Vista以降,画面キャプチャーを取るツール(アプリ)が標準搭載されています。
これをSnipping Tool(スニッピングツール)と呼びます。

サポートを受けられる方はぜひ問題が発生した場合の画面キャプチャーと同時にメールを送っていただけるとスムーズな対応が出来ます。
ご協力お願いします。

Snipping Toolはどこにある?

Windowsボタン > [Windowsアクセサリー] > Snipping Toolの順番で探していきます。

Snipping Toolの使い方

以下のような画面が出てきます。

画面キャプチャーを取る際は[遅延(D)▼]の設定をすることが大切です。
Snipping Toolでは待ち時間なしから5秒までの間隔を設定することが出来ます。

待ち時間なしは「新規作成(N)」のボタンを押すとすぐに画面キャプチャーを取ることが出来ます。
遅延5秒と設定すると「新規作成(N)」のボタンを押してから5秒後に画面キャプチャーを取ることが出来ます。

「モード(M)▼」は4つのモード設定が出来ます。
簡単にいうとどういった画面の切り抜き方をするかという設定です。

  • 自由形式の領域切り取り(F)
  • 四角形の領域切り取り(R)
  • ウインドウの領域切り取り(W)
  • 全多面領域切り取り(S)

通常は四角形の領域切り取り(R)を選択しておきましょう。
自分で切り抜きたいところをマウスで指定して切り抜くことが出来ます。

「新規作成(N)」のボタンをクリックすると画面が白くなります。
その中からマウスで切り抜きたい箇所をドラッグすることで画面が切り抜けます。

失敗した場合は「キャンセル(C)」のボタンを押せば取り消しが出来ます

切り抜いた画像に文字を書き込んだり,マーカーを引く

先程の画面から取り込んだ画像表示する形で新しいボタンがいくつか出現します。

左から
1)切り取り領域の保存…ファイル名を指定して保存します
2)コピー…ワードやエクセルで貼り付けることが出来ます。
3)切り取り領域の送信…メーラー(Outlookなど)に直接画像ファイルをおくることが出来ます。
4)ペン…色付きの変更ができます。

5)蛍光ペン…黄色のマーカーが引けます。

6)消しゴム…4と5のツールの間違いをけします。
7)ペイント3D…ペイント3Dというツールに転送します(通常使うことはありません)

切り取り領域の保存方法

フロッピーアイコンをクリックし,名前をつけて保存します。

以上で保存された画像をメールで添付していただけるとサポートが進みやすくなります。
ご協力お願いいたします。