この記事の所要時間: 151

wordpress

無料ブログから画像データと記事をバックアップするシリーズの
最終回です。


無料ブログからWordPressへと移籍するためのやり方をここでは 紹介していきます。

SeesaaからWordpressへとデータと画像を移行する手順

手順1 MTファイルインポートツール(プラグイン)をインストールする

初めてファイルのインポートをする場合は、
ツール→インポートをまずクリックして、
MTファイルを読みこませるプラグインを
入れます。

seesaatowordpress01
seesaatowordpress05


seesaatowordpress06

手順2 画像をWordpress側にドラッグアンドドロップして登録する

Seesaa側からダウンロードした画像を
一括選択して、WordPress側にドラッグアンドドロップ
します。

seesaatowordpress02

登録されると、次のように感じになっているはずです。

seesaatowordpress03

手順3 Wordpressの画像データのありかをメモしておく

WordPressの画像は基本何もしなければ、wp-content/uploads/西暦/月という形で
登録されているんです。

http://ドメイン名/wp-content/uploads/2015/10/

などのような形をするということです。


これをメモしておきましょう。

手順4 MTファイルをWordpressに読み込ませる

先ほどの
【ツール】→【インポート】→【Movable Type and TypePad】
を再び選択します。


Seesaaからバックアップとった形式を
WordPressに読み込ませます。

元のファイルは××.logなので××.txtになおしておくことを忘れないように


seesaatowordpress07
seesaatowordpress08

この画面がでたら成功です。

seesaatowordpress09

手順5 Search Regexにて記事の中のURLと拡張子(JPG)を一括変換します。

Search Regexの詳しい使い方はコチラを参照【別窓でひらきます。】


Search pattern(検索元)に
http://ブログ名.up.seesaa.net/image/
Replace pattern(置換先)に
http://ドメイン名//wp-content/uploads/2015/10/
を指定して
Replace&Save
をクリック

2015/10はあなたが画像を登録した年月になります。

seesaatowordpress10

次の画面がでれば成功です。

seesaatowordpress11

最後に同じようにJPGをjpgに変換します。

seesaatowordpress12

以上でWordpressへのデータ並びに記事移行が終了になります。 シリウスより難しくないとおもいますよ。


無料のものは手軽に始められるけどリスクも一杯

もう、ひょっとしたら半月も前の話になってしまうので、
多くの人にとってはちゃんと今表示されているんだったら
問題ないでしょ。と終わってしまうところかもしれません。


ですが、
はやり無料のものは手軽だけど、リスクも高いわけです。
次はひょっとしたらサービス自体が終わってしまうかもしれない。


何事にも備えは大切です。
ぜひこの機会に一度ブログのバックアップをとって、
WordPressやシリウスにバックアップする練習をしてみてください。

何かが起きた時にすぐに動けるように
なっておくと安心ですよ。

今回のサンプルブログはこちら
→ http://meeesi.com/【別窓でひらきます】