この記事の所要時間: 123

googleが新アルゴリズムを導入したっていう
話をもう聞きましたか?

 

まとめ記事があったのでご紹介致します。

↓ ↓

【各所の反応まとめ】Googleが新アルゴリズム「Hummingbird」導入、いったいそれは?

 

内容を要約するとこういうことらしい。

  • ハミングバード(Hummingbird Algorithm)という新しいアルゴリズムが1ヶ月前に導入されていた。
  • 旧来のSEOは生きている。高品質でオリジナルなコンテンツを作ることが望ましい。パンダもペンギンも生きてる。
  • カンバセーショナルサーチ(Conversational Search)を強くすすていく
  • エンティティー(Entity)が重要

 

 

なんのこっちゃ(笑)

 

多分多くの人がこの記事を読んでもわけわからず、
サイトを閉じるんじゃないか??

 

 

カンバセイショナルサーチってこういうこと?

これはスマホを始めとした音声対応で検索をするものでしょう。

要するにアップルのiPhoneに搭載されているsiriみたいなもんですな。

スマホの音声認識検索を強化したってことですね。

 

検索者「ニキビに効く化粧品をうちの近くで売っているお店教えて?」

google「はい、こちらです」

 

検索者が今までなら検索エンジンの窓に、「ニキビ 効く 化粧品」などの
ような複合キーワードと「埼玉」などの地域名を入れていたのに対して、
会話のような検索からもしっかりした情報を提供できるようにするということでしょう。

 

ということは、タイトルも「会話のようなタイトル」をつけるのが
効果的ということなのでしょうかね?

 

確かにケータイはGPSでの位置情報を基本求めてくるから、
そういうことも可能になってくるんですね。

 

エンティティが重要

この話は鈴木謙一さんの海外SEO情報ブログで
詳細に扱っているのでこちらを参照されたほうが
いいかもしれない。

Googleが検索システムを今後数カ月で刷新 〜 鍵を握るEntity(エンティティ)とは?

 

 

ちなみに、この事の重要性は、
おなじみたぬきちさんがすでに語っていたわけです。

WordPressテーマをHTML5に乗り換える際の問題

 

 

こりゃ、早急にこっちの勉強もせねばならんですね。

 

 

まぁ、どちらにしろ検索者にとって優しいコンテンツ作りを
心がければgoogleに嫌われることはないですよってことですね。

 

速報的な感じだったので
興味のある人は自分なりに調べてみるとおもしろいかもしれませんよ^^