この記事の所要時間: 328

image

 

こんにちは、ゆーすけです。

めっきり寒くなりましたね。と言っても、
いまこの記事を書いている夜中の3時半でも私の部屋は
暖房器具入れなくても17度あるんですけどね。

足だけ冷たいです・・・。

ここ数日、母親が無事退院しまして保険屋さんとか
健康保険組合さんとか、市役所をいろいろと行き来してます。

 

入院中もそれはそれで大変なわけですが、
退院したあとも大変なんですよね。事務処理に追われて。

 

入院費が全部で20万円(泣)
とりあえず私の建て替えになりました・・
(アフィリ報酬をはるかに超える請求が・・・辛い)

 

当然等の本人は動けないわけで、ある意味会社勤めではない
私が奔走するわけです(笑)

 

 

そりゃめんどくさいですよ。

 

保険組合では「●●と××の書類を市役所にとりにいって下さい」と言われ、
市役所に●●と××を下さいとお願いすると、●●は市民課、××は税務課です。

 

となるわけですね・・・うーん。一元化してくれw

 

あ、ちなみに今日の記事は長いですよ。
ただ、アフィリエイターさんの悩みを最後に解決できるかもしれないので
よかったら頑張って読んで下さい^^

 

人は経験しなければ知らない

みなさんは入院ってしたことありますかね?

 

したことある人はいろいろと知っているかもしれませんが、
日本には「高額医療費制度」という制度があります。

 

簡単に言ってしまえば8万円以上の医療費が1ヶ月に発生した場合、
かわいそうだから8万?9万ぐらいに押さえて残りの分は国が負担してくれますよ。

 

っていう制度なんですね。
もちろん厳密にいったらちゃんと定義があるし適用もあるんですが
ここはアフィリブログなので割愛しますね。

 

で、入院などでは軽く8万を超えるわけで、その超えた分に関しては
国が2~3ヶ月後に高額医療費の戻りということで国民健康保険などが
引き落とされている銀行口座などにお金を戻してくれるわけなんです。

 

例えば私の場合今回20万円払いました。差額ベッド代が4万なので
16万円に対して高額医療費の戻りの請求が出来るわけです。

 

8万+α+差額ベッド代は自己負担になりますから残りに関しては
高額医療費としてかわいそうな私にお金を戻してくれるわけです。

 

この8万+αの部分を自己負担限度額と呼び、一般世帯は最大でいくら
治療費がかかろうが保険適用範囲内だったら9万内で収まるでしょう。

 

 

ここで私、実はビッグミステイクしたんです・・・。
だから今回20万円の一喝請求が・・・

 

 

もちろん、2~3ヶ月後に勝手にお金は戻ってくるわけなんですが、

限度額適用認定証交付申請を前もって保険組合(または国保は市役所)に
申請しておけば、退院時に8万円+α+差額ベッド代だけを払えばOK
っていう事実知ってますか?

 

 

前回の入院時にはこの申請をしてたんですが、
今回はすっかりこの手続を忘れてしまったんです(泣)

 

だからほぼ10万余計に払うはめに・・・。

 

でも、今回私がこの記事を書いたことで入院時にそういう制度が
あるってアフィリエイターが言ってたなぁ・・・って思い出せれば
あなたやご家族が次に入院した時に費用の心配がちょっと減りますね。
(不謹慎ですが・・)

 

 

さて、こういった事実をみんなはじめから知っているでしょうか?

 

もちろん答えはNOですよね。

 

私も経験をして、ネットで調べていろいろとわかったことを今回
体験談として書いているわけです。

 

ちなみにここまでで1200文字です。

 

 

万人には役に立たなくても役立つ人もいる

おそらく、今回の記事を読んでいてもうここまで
読んでないで帰ってしまった人も多いでしょう。

 

なんだよ、金儲けのブログなのに(いい方悪いか!?)
金を取られてるよ。`,、(‘∀`) ‘`,、

 

とか思われていたりして。

 

 

でもアフィリエイターとしてここで気づいて欲しいのが
やっぱり役立つ情報を体験談とともにかけるっていうのが
最強なわけですよ。

 

 

なぜか?

 

 

オリジナルだからですよ。

 

 

最近のGoogleさんはオリジナル記事じゃないと上位表示
させないよ!っていう風潮ありますよね。さらにそのオリジナル
記事がすごく内容が役立つものだったら自然と自作自演しなくても
リンクが貰えたりしますね。

 

 

パンダもペンギンも怖くないですね。

 

 

自然な流れなわけです。

 

更に、オリジナルで自分の体験談を書いていくと
嫌でも文字数1000文字は超えていきますよね。

 

 

人が何かのメッセージをもってそれを伝えるのであれば
やっぱりある程度の文字数は必要になるわけですね。

 

 

なので何かしら自分の日常の中で起きた出来事を
軸にしてそこに調べたことを肉付けし、体験と感想をもって
記事が書けるようになると厚みのあるサイトが完成しますね。

 

 

今日のまとめ

(1)日常の中に記事にすべきことが隠れている

  • 知ってほしいこと
  • 新しい発見商品
  • 失敗談・困ったこと

(2)万人に受ける記事は存在しない。

  • 誰に見て欲しいのか?

(3)体験談や何かを調べてわかったことを自分の言葉で伝わるように書く

  • 失敗・体験の導入
  • 調べたこと
  • こんな解決法があるよ
  • 以上をまとめてある程度のボリュームで書く

 

このへんが出来るとなかなか強いサイトができますね。

 

 

ある程度記事を分けてそういうブログ集を作っていくのも
面白いかもしれませんね。

 

 

  • 入院大変だったよ日記
  • 交通事故訴訟日記(←これ結構未だにアクセスありますw)
  • デジモノレポート日記

 

などなど幾つかこういう日記を持っていると
被リンクなどにも役立つかもしれません。

 

 

というわけで、本日は
あなたが日頃経験していることからどうやって
記事を掘り起こしてgoogleに負けない記事を書くかということを考える
というお話でした^^