この記事の所要時間: 351

こんにちは、ゆーすけです。

 

material_99_10_sまずはポチっとお願いします。
 

MeasureIt!はブラウザ上のものさし

あなたは、自分のブログの記事枠が何ピクセルあるのか

把握していますか?

 

 

例えば私のブログは横幅630pxまでなら横にはみ出さずに

きちっと収まる構造になっているようです。

 

 

ちょっとできる人だったらCSSというブログやサイトの

レイアウトを決めるプログラムシートを見れば、サイズがどんな

もんかはわかりますが、なかなか普通の人は分からないでしょう。

 

 

goodtool

 

 

MeasureIt!っていうプラグインを入れておくと

すごく簡単にブラウザー上のあらゆるものの大きさが

簡単に調べられます。

 

MeasureIt!を入れてみよう。

私はGoogle Chromeを使っていますが、firefoxにも

同じブラグインがあるようです。

 

ここではGoogle Chromeでの導入方法を紹介します。

[1]googleの検索窓に「measureIt chrome」と入力して検索

image

 

[2] 一番上に表示される「Chrome Web Store ? MeasureIt!」をクリック

image

 

[3] Chromeに追加をクリックして追加

image

 

お疲れ様でした。

バーの右側に下のアイコンが出てくればOKです。

image

 

以上でプラグインの追加が完了です。

 

MeasureIt!の使い方

[1] imageをクリック

 

[2] 図りたい範囲をドラッグする

 

[3] 終了は image をクリック

 

使用例

image

 

こんな感じで範囲指定したところに

W:○○px H:○○pxとでてくる。

 

アイコンの大きさを調べるときなどもすごく重宝する道具ですね。

あとは、サイドバーにはどのくらいの大きさのイメージが貼れるかとか

CSSを確認すればわかりますが、もっと直感的に大体の大きさがわかれば

なんとかなるような作業にはもってこいのツールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、次のような使い方は意味がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

意味のあるツールの使い方をしましょう。

 

 

goodtool2

 

無料ブログでこれを応用させよう

さすがに、ここで終わるとあまりにも狙いすぎだ!

と言われそうなのでもうちょっと突っ込んでみましょう。

 

 

今日はちょっとインパクトを与えるために、

画像を使ってキャッチコピーを表示していますよね。

SEO的にはあまり良くないのですが、検索者のインパクトを

引くには、画像で文字を起こすのはもってこいなんですよ。

 

 

無料ブログの場合どうしても文字サイズの変更ぐらいしか

目立たせる方法が無いですからね。

 

 

同じ文言でもインパクト違うと思いますよ。

 

 

例えば、無料ブログで高額な案件であるエステとかを

扱う場合に、多くの人はフォントサイズでキャッチコピーを

目立たせているはずです。それでもいいのですが、ちょっと

下に幾つか作ってみました。

 

御覧ください。

 

 

〈例1〉文字のみ(フォントサイズ:24px)

念願のー30cmが達成出来ました!

 

〈例2〉SIRIUSのロゴ作成機能利用(横幅600pxで作成)

念願の-30cmが達成出来ました!

 

〈例3〉Officeのワードアートを利用(横幅625pxで作成)

image

 

 

どのロゴがいいかは別として、

やっぱり純粋な文字サイズの変更よりは、イメージを使ったほうが

インパクトは上がりますよね

 

 

欠点はSEO?

皆さんの書いたブログはgoogleのロボットが巡回をして

検索エンジンに登録しているのですが、こまったことに

どんなに頭のいいgoogleのロボット(データ収集機)でも

文字情報しか収集はできないのです。

 

 

つまり、SEO的には上では〈例1〉が一番いいということになります。

〈例2〉〈例3〉は画像なので、googleのロボットには、画像データだ

ということは分かってもらえても何の文言が入っているかを分かっては

もらえないのです。

 

 

そこで、イメージタグにtitleとaltというのを挿入し、

「フレーズ・キーワード」を入れるのです。

<img title=”念願の-30cmが達成出来ました!” alt=”念願の-30cmが達成出来ました!” src=”goodtool3.png” width=”600″ height=”75″ />

 

 

altはマウスを画像に乗せると「それが何の画像なのか」

を分かるようにさせられます。

titleは文字通り「画像のタイトル」です。

 

 

こうすることでgoogleには

このイメージは『念願の-30cmが達成出来ました!』っていう画像だな・・・

と思わすことができるわけです。

 

 

今回は文言をそのまま入れましたが、ここに検索キーワードを入れてみたら

立派なSEOになりますよ。

(検索上位にくるというSEOではないですが・・・)

 

 

例えばalt=”ミュゼ 口コミ画像”と入れておくと、

googleイメージ検索で「ミュゼ 口コミ」で画像が表示させられる

ようになります。

 

 

これ地味に重要ですよ。

 

 

 

え?なぜ重要かわからない???

image

 

google検索の隣に画像があるからですよ。

何かの情報を手に入れる時に間違って検索ではなく

画像って押しちゃうことありませんか?

 

 

もし検索ではなく、画像を押した時にちゃんと

キーワードを押し上げることが出来れば・・・

ひょっとしたらクリックされるかもしれませんよね?

 

 

ちなみに、検索での1位と画像検索での1位は

全く違うサイトが表示されます。

 

 

これって美味よね?って私は思うのですが・・・。

 

 

material_99_10_sまずはポチっとお願いします。
 

押してくれるとお礼+3ランキングの応援ができます。

お礼のウインドウをOKすると3ランキングのマドは自動で消えます。