この記事の所要時間: 225


お久しぶりの更新です。
入試などなどバタバタしておりました。

さて,既にサイト作成ツール「シリウス」をお持ちの方は販売元から大幅アップデートのβ版がダウンロードできる様になったというメールが来たのではないでしょうか?
もう触ってみましたか?

立ち上げた時の見た目は大きく変わってはいませんがかゆいところに手が届く様になったなという印象です。

今回のアップデートで私が感じた「あ,良い」は2つありました。
もちろん,技術的なところで便利!!っていうのはいっぱいありますよ。

1)オールレスポンシブデザインテンプレート

1つは最初から添付されている3つの基本テンプレートがレスポンシブデザイン(パソコン,スマホ,タブレットに合わせて横幅が自動的に調整されるテンプレート)になったこと。

シリウスでスマホ用サイトを作りたいと思ったらもともと上位版を買うかまたはおまけのレスポンシブデザイン(1デザイン複数色)を使うしかなかったんです。

スマホ用サイトはサーバー側でどの端末からアクセスしてきたかで振り分ける仕掛けだったので「無料サーバー」では基本使えなかったんです。

もちろん,おまけのレスポンシブデザインのものを使えばできましたが,以外にこれを使ってない人がおおいなっていう印象でした。
年に何回か販売されている有料テンプレートは最近のものはオールレスポンシブデザインでしたね。

ちなみにただレスポンシブデザインになったわけではなく,HTML5とCSS3という現在のWeb標準である技術を利用したものなので内部SEOの観点からもWordpressに近づいたしたのかなと(本来目的が違うから比べること自体がおかしいけど)。
このへんって多くの利用者にとって「知らんしw」「ふーん。」って感じでしょうけどね。


新しいアップデートでは通常版を使っても無料サーバーでスマホ対応のサイトを作れるという点で大きく一歩前進しました。

また今までもレスポンシブデザインのテンプレートはありました。
しかし細かいパーツ(吹き出しやテーブル)がレスポンシブに対応してないために思い通りにならないことがあったのですが今回は全てそのへんも見直されいました。

特に吹き出しと2段組みの最適化は嬉しいな♪

2)デザインモードの大幅改良


シリウスも発売当初はオールタグ装飾でしたが,前回の大幅改良時にデザインモードという機能が付きました。

簡単にいってしまえばホームページ・ビルダーに近い,ブログに近い感覚で操作ができる様になったのです。

ところが,実際はちょっとした装飾ができる程度で,いじっているとレイアウト崩れを起こすことがあるなど,私はあまり使っていなかった機能でした。

そのため私からの購入特典であるシリウスの教科書でもデザインモードをふんだんに使っての解説しませんでした。
というよりも,ランキング,枠などの挿入が出来ないものが多すぎた…。

今回のバージョンアップではかなり使えることがわかったのでシリウスの教科書もデザインモードを利用してより直感的にわかるように改定いたします。
(こちらはベータ版使って今週から作り直します。正式リリースがあったときから特典の中身を入れ替えますのでしばらくお待ち下さい。また過去に購入した人,これから購入する予定の人もすべてうちのダウンロードセンターから無料でダウンロードできるので安心してくださいね)

はじめてサイトを作る人にとってタグという心理的な難しさをより直感的にできるということでとても良い改定だなと思いました。
(昔からタグ編集になれているひとはやはりあまり使わない機能かもしれませんが)

まだβ版だから本使用は避けるほうが無難

あくまで,ベータ版のリリースなので今すぐ使っていくのは避けてくだいねというのが本音のところ。

売りの1つであるショートカットキーを搭載!!というので使ってみたら機能してないとか…。
まだバグはいくつかありそうです(ベータ版なんだから当たり前です)。

あと,個人的に思うところは,現行バージョンのサイトで売上が発生しているサイトに関しては現行バージョンのままでいって,新しいサイトは新バージョンで作っていくほうが無難

ワードプレスでもそうですが,テンプレートを変える時にちょっとした変動が起こるので(良くも悪くも)

だけど本リリースに向けて操作性を確認したいならインストールしなくてOKなのでベータ版で遊んでみるのはいいかもしれないですね。