この記事の所要時間: 146

Manyface20080215

*画像はこちらから拝借しました。

 

こんにちは、ゆーすけです。

1週間ぶりの更新って今までにないくらい
たるんでますね(汗

 

ちょっと今はアフィリエイト活動出来てないぐらい
リアルの仕事(塾とその他)が忙しくなって来ました。

特に夏=受験生ということなので、ちょっと更新頻度が
落ちてますね。

でも、報酬はさほど落ちないのが
アフィリエイトの醍醐味ってところでしょうか^^
(そりゃ1週間で下がるようなものやってないからね)

 

あなたのサイトは何のサイトかすぐに分かるようになってますか?

まず、アンリミでも、他の教材でもなんでもいいのですが、
あなたのサイトがいくら見た目上インパクトがあったとしても、
何のサイトかがわからないと訪問者は離れていきます。

 

面白いもので、アフィリサイトって、インパクト至上主義
みたいなところありますよね。

私もこのブログを始めた最初は見た目がかなり重要だよ!と
先輩方にアドバイスされてきました。

 

そして、私もそこそこ報酬をいただけるようなブログに
成長し、最近感じるのは中身の専門性です。

 

つまり、私たちの作っているアフィリサイトが一体
何を軸商品として扱っているかってことなんです。

 

 

「もちはもち屋」

 

っていう発想のほうが訪問者に優しいのでは?って思うんですね。

 

 

初心者が報酬を発生させやすいものとして、
様々な無料オファーや無料レポートの紹介なんていうのが
登竜門的にありますよね。

 

ここの紹介するための案件の筋がちゃんと通っていますか?
ってことです。

 

 

あるときはサイトアフィリ、
あるときはせどり、
あるときはマインド

 

となんでもありでガンガン紹介しても、間違いなく、
報酬は発生しなくはないと思うのですが、
リピーターがつかない気がするんです。

自分の軸商材やテーマに沿って記事を書き続けると、
その属性にあった方がパソコン上のお気に入り(ブックマーク)
に適宜いれてくれて、なんども訪問してくださる。

 

 

ここってすごく大切だと思うんですね。

 

実際私のサイトでは、主軸を「物販の無料ブログ/siriusサイト」に絞って
紹介しているのでどちらかというとそれに付随した商材と案件のみの
紹介をするように勤めています。

 

どちらかというとサイトアフィリ専門店みたいな感じの店構えをしている
わけです。だから、そういうのに興味がある人がなんども来てくれるわけです。

 

 

情報商材だけではなく、
物販ブログも1商品1ブログの原則にもとづいて作成したほうが
いいとどのマニュアルにも書いていますよね。

最低ジャンルは統一しないといけませんよね。

 

 

未だに報酬が発生してない(または金額が思うように伸びない)
という場合には「集客の属性を一致させていくための記事作り」というのを
心がければいいんじゃないかなって思います。

 

 

目先の報酬に目が眩んで、何でもかんでも紹介するより、
時間はかかっても確実に報酬が伸ばせるほうが不労所得って呼べる
ものになるんじゃないかと思う、今日このごろです。

 

 

あなたのサイトは何の専門情報サイトですか?