この記事の所要時間: 524

こんにちは、ゆーすけです(^^

 

あなたのWindows7は男性?それとも女性?

私のは女性でした・・・。

 

続きは後半で

 

 


material_99_10_sまずはポチっとお願いします

応援とは・・・

記事を読み、役に立ったと感じたら押すネットのしきたりです。

コメント欄では「ポチ」なんて表したりします。

ブログランキングが上がるとそのサイトがみんなに知れるようになるのです。

ぜひご協力御願いたします。

 

来週にも100記事目

お陰様で本ブログももうじき100記事目に

到達する形となります。

 

これもひとえに応援して下さったあなたの

おかげです。どうぞこれからもよろしくおねがいします。

 

 

image

 

 

って・・・100記事目に書くことだよね!?(笑)

 

すみません、フライングです(^^;

 

 

「愛されブログ」の簡単な作り方

ここのところ技術的に高度な話が多かったので

アフィリエイトも初心者さんレベルを超えた話も

多かったですね。

 

 

今日は本当に初心者さん向けのお話をします。

image

 

「コミュニケーション型アフィリエイトを始めた方」

に是非行なってほしいことを語ります。

 

 

なので、新しい知識を入手したくてきてくれたあなたには

申し訳ありませんが・・・本日は技術解説等はありません。

 

 

 

まず、質問です。

 

あなたのブログは他人から愛されている?

 

 

image

 

 

この質問自体をすると自分の首を締めそうですが

ブログランキング「アフィリエイト部門」で一応

ベスト5におりますから、多分愛されています。

 

はずです・・・きっと・・・たぶん・・・・(汗)

 

 

 

 

さて、あなたは胸を張って答えられますか?

 

 

愛されているかはコメント欄を確認しよう

あなたのサイトが愛されているかどうかは、

コメント欄の書き込み数で判断できると思います。

場合によっては応援のメールでもいいと思います。

 

 

ゆーすけのコメント欄の最高数は34件、

これは右側のアイコン設置の記事でした。

image

 

 

第2位はまっひいさんのレポートの紹介

こちらが32件でした。

 

 

 

一つだけ断っておきますが、それぞれの記事に

コメントして下さったのは17人と16人です。

コメントが頂けなくても、あしあとやおきてがみ

からのコメントを含めると倍になりますね。

 

image

 

そのひとりひとりにゆーすけはちゃんとコメントを

返させていただいているので、絶対にコメント欄は

偶数(2の倍数)になってるのです

 

*過去2記事ほど例外があります。

(探せた方には豪華景品が・・・・w)

 

 

 

コメント返信に関して思うこと

あなたもひょっとしたらコミュニケーション型の

アフィリエイトブログを運営しているかもしれません。

 

 

副業専業問わず、毎日の忙しい一日が終わり、

ブログの記事更新をしていることでしょう。

image

 

 

稼ぐ系のバイブルには「最低30件(1ヶ月)」は毎日記事を

更新しましょう。コメント周りをしてランキングサイトを

攻略して行きましょう。

 

 

なんて書いてあるので、着実に記事を書き連ねているのでは

ないでしょうかね?

 

 

もちろんそれは立派なことですし、どんどん記事更新は

していったほうがいいです。

 

 

しかし、もっと重要なことを忘れている方が多いなぁ

・・・って最近思います。

 

 

 

 

 

 

なんだかわかります?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはですね・・・

新しい記事ができるまでに見たコメント欄にしか

返信してない方がちらほらいるということです。

 

過去の記事に書いたコメントに対して返信は一切

無しっていうケースです。

 

 

 

特に稼ぐ系の情報を提供している情報商材アフィリエイター

にとって、致命的なことなのかな?ってゆーすけは思います。

 

 

あなたのサイトにコメントしてくれる方は将来の有縁者

ですからね。その有縁者に対してコメントを返さない

というのはみすみすチャンスを逃してるということに

気づいてないのかなぁ・・・って思います。

 

 

これって信用失ってることに間接的なるのでは?

 

 

こういう方って商品を一生懸命アフィリエイトしてるけど、

サポートは出来ませんって言っているようなものだと

私は思うんです。

(本人がどう思ってるかは知りませんよ)

 

 

 

ブランド力のある人は、コメント返信なんかしなくても

人が集まってくれるし、それでいいと思うんですよ。

一種アイドルみたいなものですからね。コメント返して

もらえたらラッキーだなぁ?ぐらいな気持ちで私達もいますよ。

 

 

 

でも、始めたばかりの初心者だったらそれは

絶対に避けなければならないやり方ですよね。

無料ブログだって、有料ブログだって、コメント欄に

コメントがあったらメール飛ばせるわけだですからね。

 

 

見てない・・は通用しないわけです。

 

 

なぜ街の電気屋は潰れない?

image

 

ヤマダ電機があっても、街の電気屋が潰れないケース

があること御存知ですか?

 

 

大型家電量販店がオープンするとそれまであった店は

倒産に追い込まれるケースが多いわけです。

 

 

しかし、そんな中でも街の電気屋さんが生き残れる

ケースもある。

 

 

 

 

 

それは、地元の人に愛されているから。

 

 

若い人はそうでもないけど、お年寄りは特にこの傾向

強いそうです。うちの祖母もそうですから・・・。

 

 

 

街の電気屋さんははっきり行って値段では勝てないんです。

でも、きめ細やかな相談やサポートは大型量販店よりも

格段に上な気がします。

 

 

 

これってアフィリエイトにも同じ事が言えますよね?

 

 

トップアフィリエイターは圧倒的なブランド力を

持ってますから、嫌でも人の目に触れてちょっと

オファーを仕掛けたら飛ぶように商品が売れていく

かもしれません。

 

 

 

私達がそれと同じ事をしてもきっと効果は薄いでしょう。

 

 

 

先人が結果を出したマニュアル(軸商材)にしたがって

 

ただ記事更新をし続ければ、いずれ大きなサイトに

なって稼げるようになるというのは幻想にすぎない

 

とゆーすけは思ってます。

 

 

始めたばかりのアフィリエイターは零細企業ですよ。

大きな会社のやり方の前に、もっと泥臭い営業方法

がありますよね?

 

 

愛されブログの作り方はいたって簡単です。

image

 

目の前のコメントをしてくれた一人ひとりを

大切にして、もらったコメントには、目を通し

ちゃんと返事をすることだと思います。

 

 

これが一番簡単な愛されブログの作り方では

無いでしょうか?

 

 

 

これって将来あなたから商材を買ってくださる方への

サポートの練習ですからね(^^

 

 

 

逆に初心者のころしか、これって出来ないと

思いますよ。稼げるようになったら、サポート

業務が忙しくなるでしょうし、さらに時間制約

が課せられますからね。

 

 

 

いつも見られていると思って

気を引き締めていきたいですね。

 

 

 

今日から、あなたがコメント周りした時に

行った人のサイトのコメント欄よく見てみてください。

 

 

気づくことが多いと思いますよ。

 

 

愛されブログの作り方 編集後記

っと、偉そうなこと書くと大体コメント欄が

賑わわずに自爆するんですけどね(^^;

 

 

こういう説教的な内容の時って誰もがコメント

控えるんですよね。

自分もビビって先輩アフィリエイターさんの

置き手紙と応援ぽちして逃げたこともあります(笑)

 

 

 

今日はちょっと溜まってた思いを述べてみました。

 

 

もし、コメントしづらいようでしたら、左のサイド

バーに雑記コメント欄用意してますから、そちらに

コメント残していただけても嬉しいです♪

(このアイディアはうちやまさんのサイトのアイディア

頂きました。)

 

 

 

ただ、自分がなにかの商材にのめり込んでいて、

そちらの売上を上げるほうが情報商材よりも儲かる

と判断したら、そちらに集中するのも一つの道だと

ゆーすけは思います。考え方は人それぞれですから。

 

 

 

もし、そういう理由がないでコメントされた方に返信を

してないような初心者さんはコメント欄をクローズした

ほうが見た目がいいですよ(笑)

 

 

雑記

Windowsには性別があるということを

雑学の本で知りました。

 

メモ帳でCreateObject("SAPI.SpVoice").Speak"hello"

と入力して保存時に●●.vbsと名前をつけて(.txtを.vbsに)

実行すると男か女かの声で「hello」って言います。

 

そういえば、合成音声にSamとAnnaとかいう

名前あったなぁ・・・