この記事の所要時間: 23

image

 

やっぱり日本語ドメインもばっと!急上昇
というバグはなくなってきたみたいですね。

 

以前は日本語ドメインをとって1日で、Googleにはインデックス
されて、たいてい1ページに来たものですが、最近はそうは
いかないという感じ。でも、まだまだ日本語ドメインでも戦えるわけですから、
やらないのはもったいなというのが今日の結論
です。

 

さて、作成したのが9月末で、Bingはそこそこメインキーワードでも
あがってきたんですが、昨日やっとgoogle/yahooで3位にたどり着きました

図1 メインキーワードでの変動グラフ

image

 

図2 サブキーワードでの変動グラフ

image

ちなみに、そのサイトの中にあるコンテンツの方のキーワードでは
ずっと1位に来れていたのでちょくちょくのアクセスはありました。

 

このサイトは1カラムコンテンツ(ペラ)で、記事を6記事ほど入れているサイトです。

他のキーワードでも5位ぐらいに来ているのでとりあえず1ページ以内にはいるようですね。

ちなみにこのサイトは被リンクとして1つしか送ってないかな?何か特別なことを
しているわけでもないですけど、「記事の中身はちゃんと的を射ている内容」になっています。
内部SEOだけとにかく重視しました。

 

忍耐強くやれないとダメ

で、このサイトが1ページ目まで来るまでに約1ヶ月ぐらいあったわけです。
前だったら作ったらボーンと1ページ目に来れたのになぁ・・・と思いつつも、
改めて「忍耐強く」待つことの大切さを思い知らされましたね。

 

モチベーションってすぐに結果出ないとどうしても下がりますけど、
そこを下げている暇があったらどんどんサイト作っていって、あとは
家宝は寝て待て状態のほうがやっぱり報酬は膨らんいくのかなと。

 

1年前に作ったさいとからふと報酬があがることもあったし、
それはその時になってみないとわからないですからね。

 

前に稼ぎ頭で1案件で3万稼げるようなサイトも、いっときパンダ・ペンギンの時に
かられて圏外へ移動しましたが、いまは5位ぐらいには戻ってきてます。

ただし、最近はサイトのちょっとした前後の変動が激しい気はしますよね。

 

 

なので、皆さんも1ヶ月そこらは何も起こらないと思ってその期間に手を
止めることなく、何らかの作業を続けてみることは大切ですよ!

大体のライバルはここらで離脱しますから、それを超えていけるようであれば
間違いなく報酬発生への道は近いですから。頑張っていきましょう。

 

【余談】Google Analyticsで見つけたNot Provided以上の恐怖

そういえば、
最近はGoogle Analyticsでキーワードがほとんど取れないと
他のブログやメルマがでも評判になってますね

Not Providedとかいてあるところがそうなんですが、
サイト訪問してくれている方の半数近くがここに該当しているようです。

これからは本当に狙ったキーワードどおり来てくるのかっていう
検証や思いもよらないキーワードの発見っていうのも難しくなってくるかも
知れませんね。

 

ところで・・・

私のこのアフィリエイトサイトなんですが・・・

 

image

「あまりいかない男性をいかすには」

こんな記事を書いた覚えはないんですが(笑)

 

ちょっとこのキーワードで検索してみました。

3ページの下の方、アダルトなタイトルの下に・・・
うちの記事が(笑)しかも真面目なライティング記事ですよ。

でも、リクナビより上だぜ!!(どーでもいい)

 

image

 

ふっ、Google先生もまだまだ完璧じゃないですね(笑)

確かに脳の違いを理解することは第一歩なんですけど
(・・・・って何いってんだ>オレ)

 

アダルトな内容かどうか確認しておきたい方はこちらからどうぞ(^^;

男脳と女脳を理解しアフィリエイト記事に活かすはこちらをクリック(別窓でひらきます)