この記事の所要時間: 148

image

 

こんにちは、ゆーすけです。

 

人間の行動って意識でやっていることって多いと思いませんか。

 

例えば、歯磨きっていう動作って意識してやったことあります??

 

口の中に歯ブラシを入れて、左右上下に歯ブラシを行き来させて
つるつるになるまでひたすら磨く過程をちゃんと意識するんです。

 

でも普通こんなこと考えて生活してませんよね?
多分やってみるとわかるけど、手が動かなくなったり、いろいろと
支障が出ると思いますよ(笑)

 

 

実は昨日ホームセンターに行って「業務用のコードレス掃除機」
を買ったんです。

 

工具売り場(家電売場でないのがポイント)には2つほど
コードレスの掃除機がありました。

 

ひとつはマキタ製、もう一つはRYOBI製のやつです。
値段はマキタが9980円、RYOBI製は8800円なんですね。

 

事前にネットで調べた限り、マキタのコードレス掃除機は
定評があり、最初はそれを買う気まんまんだったんですけどね。
目の前にはRYOBIの掃除機もいきいきとアピールしてくるんです。

 

 

そこで私はこの2つの違いをしっかりと知りたいと思い、
iPhoneで2つの型番を入れてみたんですね。

 

 

その時、ひらめいたわけです。

 

「オレ、今購入者の行動様式をやってる!」って

 

日頃アフィリエイターとして商品を紹介する側に回っているので
購入者としての視点を失ってしまう時があるじゃないですか。

 

ちょっとこの思考過程をよく意識しようって。

 

 

その意識レベルでサイトを見ていくといろいろと面白い事が
わかりました。

 

意識レベルを敏感にしてみてわかったこと

【キーワードレベル】

  1. 型番検索 ⇒ 買う気まんまん
  2. 型番+口コミ ⇒ 型番検索した結果、販売ページばかりでキーワードを追加
  3. 型番+吸引力 ⇒ どのくらい吸うのかを調べたい
  4. 型番VS型番(どっちがオススメ) ⇒ どっちがいいかを比較して、評判を調べる

 

これって購入者が当たり前にやる検索ワードですよね。

 

 

実際に購入者の気持ちで検索をしてみると面白いです。

 

ゴミサイト(明らかに買えオーラの強いアフィリサイト)は
やっぱりすぐ戻って次のサイトへと行きますね。

 

やっぱり調べるのは多くて10位まで

 

そしてタイトルで見るか見ないか、サイトの説明が自分にとって
必要な情報が入っているかを見て取捨選択
してます。

 

 

これサイト作っている時にちゃんと意識した方がいいという
風に言われていますがどこまでちゃんと実践できているでしょうか?

 

案外ちょろっとタイトルつけて、ディスクリプションも適当に書いてる
とするならば、上位表示されてても踏まれない可能性大。

 

こういったことが、意識を研ぎ澄ますと自然と自分の中に落とし込めます

 

何かのマニュアルに書いてあったから実践してる
というだけではなく、こうやってパソコンを離れて
自分が購入者になった時にどういう行動を取るかを確認すると面白いですよ。

 

 

思考をトレースする[思考をなぞる]。

 

 

結果がでるサイトやブログを作るためにはすごく必要なこと
だなと再認識しました。