このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - WordPressの記事を一括置換えするならSearch Regexがイチオシ!
[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る

この記事の所要時間: 429

こんにちは、ゆーすけです。

 

DSC_1303ちょっと土手へ出かけてお花見してきました。

犬の散歩がてらいいかなぁって。

うちの犬、パピヨンなのに5キロ後半・・・

犬もダイエットが必要です(汗

もう、かばんに入りきりません・・・。

 

 

 

material_99_10_sまさにあなたのお陰で成り立っています♪

 

 

 

WordPressの記事の一括置き換えをしたい

たいていブログアフィリエイトを独自サーバーで

運営されている方は、Wordpressを使ってブログ

運営しているのではないでしょうか?

 

 

完全無料でプラグインやテンプレートも豊富にある

ということで最近はMovableTypeを抜いているような

気がします。

 

 

ところが、こうしたブログソフトは書いた記事をひとつ

一つサーバーのデータベースに記録しているので、

htmlで作ったサイトのように一括置き換えがしづらい

わけです。

 

 

 

例えば、あなたが毎日更新しているブログに誤った表記

を30日間続けたとします。

 

 

アフィリエイトと書くところをアフェリエイトと書き続け

あるときコメントを貰うわけです。

 

 

****

こんにちは、○○さん。

ずっと応援してましたが、今日こそは言わせてもらいます。

アフェリエイトではなく、アフィリエイトです。

そんなことも知らないでアフィリエイトをやらないでください。

一応応援はしておきます。

ポチ。

 

****

 

 

 

まぁ、さすがにこんな失礼なコメントする人は

いないと思いますけど(笑)

 

 

 

 

ここであなたは思うわけです!!

 

 

 

 

30ページ全部修正

orz・・辛い

 

 

 

ちまちま1ページずつ修正・・・

やってられないですね。

 

 

そんな時に

Search Regex|Wordpressの一括置き換えプラグイン

を利用すると、こんな問題は一発解決です。

Search Regex|Wordpressの一括置き換えプラグイン

[1] WordPressのコントロールパネルへ行きます。

1)プラグインをクリック

2)新規追加をクリック

image

 

[2] キーワードに[ Search Regex ]と入力して [プラグインの検索]

をクリック

image

 

 

[3] Search Regexでいますぐインストールをクリック

image

 

[4] OKをクリック

image

 

[5] [プラグインの有効化] をクリック

image

 

[6] Search Regexが有効になったらツールへ飛びます

image

 

 

[7] 解説

image

 

Search Regex

Replacements will only be saved to the database if you click ‘Replace & Save‘, otherwise you will get a preview of the results.

置換は、あなたが「Replace & Save」をクリックした場合のみ、データベースに保存されます。そうでない場合は、結果のプレヴューが得られます

 

NOTE: No liability is accepted for any damage caused. You are strongly advised to backup your database before making any changes.

注意:損害が発生した場合の責任が無いことに同意します。変更前にデーターベースのバックアップを強く推奨いたします

 

Source:Post content(投稿した内容)

    Comment author(コメントした人)

Comment author email(コメントした人のメールアドレス)

Comment author URL (コメントした人のURL)

Comment content(コメント内容)

Post excerpt(引用)

Post meta value (メタデータ投稿:カスタムフィールドの設定)

    Post title(投稿タイトル)

    Post URL(投稿URL)

    Sniplet Content(スニペット内容)

    Tag Name(タグの名前)

    Tag slug(タグのスラッグ)

 

Limit to(表示させる数)

 

Order By: Ascending(昇順) / Descending(降順)

 

Search pattern(置換前文字列)

 

Replace Pattern(置換後文字列)

 

Regex:(正規表現)

 

 

Search Regexを使ってみる

image

 

Search patternに「検索する文字列」

Replace patternに「置き換える文字列」

 

を入力します。

 

 

searchのボタンは検索する文字列を探すボタン

Replaceのボタンは置換えをするボタン

Replace&Saveは置き換えて保存するボタン

 

 

つまり、検索だけすることもできるし、とりあえず置き換えてみる

ということも可能です。

 

 

Replace & Saveを押す場合のみ、結果が保存されます。

 

 

右側には、

image

 

View と editというのがあって、そのページを表示したり、編集もできます。

 

 

Replaceボタンを押してみると、元の記事の下にreplaced withと表示されます。

image

 

 

これでOKなら Replace & Saveを押せばOK

image

39の出現箇所が置換えられました。

と出れば完了です。

 

 

アフィリエイトでの使用例

この技をアフィリエイトで使う場合

 

例えば

 

A8ネットでアフィリエイトリンクを作っていたのに

終了してしまい、Affiliate Bでは継続していた場合に、

A8ネットのアフィリエイトコードをAffiliate Bに

置換えるなんてことが考えられますね。

 

 

特に何記事も同じアフィリエイトコードを使って

投稿していた場合に1ページずつ直すと面倒ですからね。

 

 

ぜひ使ってみてください。

 

 

 

編集後記

なぜ・・・今日はこの記事か・・・

 

実はみなさんに大変申し訳ないことをしておりました。

 

 

いつも応援をお願いしているのに、

このバナーをクリックすると新しいページを開かず

このページがそのまま人気ブログランキングへ飛んで

しまったんですね。

 

そう、コードに

target=”_blank”を入れるのわすれてたんです。

 

 

気づいたのが昨日という遅さ・・・

 

 

<a href=http://blog.with2.net/link.php?XXXXXX>

↓ ↓ ↓

<a href=http://blog.with2.net/link.php?XXXXXX target="_blank">

 

 

ってしておくべきでしたね。

 

 

これって内容読む気なくしますし、

滞在時間も短くなっていたかも・・・。

 

 

だからSearch Regexで一括修正しました。

 

 

必要だからこそ「知識は簡単に定着」するんですね。

ちなみに今回グーグル先生に聞いたキーワードは

 

「wordpress 記事 一括置き換え」

 

 

です。検索者の気持ちを理解することはアフィリエイター

にとってすごく重要な考え方です。

 

 

ほら、今回の記事のタイトルを見てくださいね。

これが上位表示されたら・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

material_99_10_sお役に立ちましたらクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - WordPressの記事を一括置換えするならSearch Regexがイチオシ!
[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る