この記事の所要時間: 232

image

 

さて、早速ですが、
上のグラフは何を表しているか分かりますか?

 

【グラフから読み取れること】

  • X軸は0~99
  • Y軸は0~7000000ぐらい
  • 2つの要素
  • ある一定のレベルからふわっと上昇している。
  • 2つの要素はある一定のX軸以上から幅が出てくる

 

 

 

 

 

 

分かった!

アフィリの報酬額と発生日数のグラフだ!!!!

 

という話ではありません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

正解発表!

image

上記のグラフは、ドラクエ3のレベルごとに必要な経験値(EXP)を
表にしたもの
です(笑)

*何故ドラクエ3かって?・・・私が4までしかやったことがないからですよ(笑)

 

ちなみにグラフの

青が勇者で、赤が遊び人です

 

面白いもので、遊び人はやっぱり後半になると
それなりに苦労して経験値を上げていかないとレベルアップが
できないわけですね。やっぱり現実世界と同じだ(笑)

 

レベル50あたりから顕著にそれが現れてくるんですね。

 

ちなみに私はレベル40付近で大体冒険の書が消えてしまって
いつもやる気を失くすタイプでした(笑)

母親が日曜日に掃除機をかけ始めて、「ピーーーーーーー」って(笑)
(↑分かる人にしかわからない情景でしょう)

 

ドラクエを知らない人もいるでしょうから簡単に
説明しておくと、世界の平和をラスボスから救うために、
勇者とその愉快な仲間たちが敵を倒しながら経験値をあげ、
旅していくというRPGゲームです。
(超適当な説明ですがそういうイメージです)

スライムという弱小の敵から始まって、だんだんと強い敵と戦っていき、
レベルをあげてゾーマという(ラスボス)を倒していくわけです。
一応要所要所には、中ボスみたいなのがいて、あるレベルに
達してないとなかなかクリアーしにくいみたいな要素もあります。

 

発売当初、ドラクエ3は恐喝騒ぎになるほど大人気になり、
夜も徹して大人も子供もレベル上げをやったものでした。

 

強くなるためにはコツコツ敵を倒して経験値をあげる

ドラクエの話だけではなく、
アフィリエイトの場合だって結局同じことですね。

 

報酬を発生させるためには、コツコツと経験値を
増やしていかなければいけない。

 

ドラクエの場合は敵を倒すことで経験値を得て強くなるわけですが、
アフィリエイトの場合は知識であり、それに基づく作業が経験値でしょう。

 

  • スライムを倒す=メールアドレスを取得してみる
  • カンダタを倒す=ブログの開設
  • やまたのおろちを倒す=楽天アフィリで報酬発生
  • キングヒドラを倒す=アマゾンアフィリで報酬発生
  • バラモスを倒す=A8やアフィリエイトBなどで報酬発生
  • ゾーマを倒す=報酬50万達成

 

みたいなイメージです。
(勝手なイメージなのと要所要所の敵はウル覚えですみません)

 

それぞれの要所攻略の過程にはいろいろな敵を倒してレベルアップを
していくわけです。

アフィリエイトで言えば、記事を書くことであり、ライティングスキルであり、
SEO技術であり、サイト作成ということですね。

 

とにかく中核となるボスを倒すまでにそれぞれある程度の必要な
経験値を持ってないと、自分の仲間が死んでしまうかもしれません。

 

グラフの再掲

image

ゲームは全員がレベル0から基本スタートですが、
アフィリエイトの場合は人によってレベルがまちまちかも知れません。

 

最初からレベル10ぐらいから始める人もいるでしょう。

現実の職業がプログラマーでPCに元から強いとか、
子供の頃から書くことが大好きで記事を書くの苦でないとか・・・。
(だからといって有利とは一概には言えませんが)

 

でも、最終的に言えることは上のグラフって
X軸を「週」、Y軸を「アフィリエイト報酬」って考えることもできるのかな
って思ったりもしますね。

 

とにかくコツコツ継続して経験値をあげ、
日々レベルアップを図っていかないと「成功」にはありつけないということです。

 

経験値って別にアフィリエイトに限ったことでなく、
人生の経験値だと思うんですね。

 

交通事故に何度もあっていて、処理に関しては困ることがない
という経験をお持ちなら、それで記事を詳しくかけるし。

デジモノが好きでいろいろと集めているなら、
そういうレビュー記事は得意でしょうからそういう分野に特化してやっていけばいいし。

 

できることからコツコツと何か進めていけば、
いつか開花する日が来るかもしれませんからね。

 

そのためにはやり続けることが必要ってだけです。