この記事の所要時間: 224

image

 

 

こんにちは、ゆーすけです。

 

今日は初心者をターゲットにした文章を書くなら、
絶対に心得ておかなきゃいけないことを自分も含めて確認しましょう(笑)

 

 

image

 

 

まず、人はよっぽどのことがない限り人の話や文章を読んでくれてません。

いくらあなたが文才があったとしても、最初のキャッチに失敗すると
やっぱり残念な結果になってしまう。

 

だから、一番最初はなにかイラストを貼っておくとよいですね。

 

 

読んでもらうためのコツ1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここができたら次は本文にはいりますが、
本当に読んで欲しいと思うなら、文字の羅列だけではなく、
イラストをふんだんに使って図解していくと読まれやすくなります。

 

ここでしておいてほしいのは、
google(検索エンジン)は基本文字しか理解出来ないが、
人間は文字よりもイメージで内容を捉えているということ。

 

 

よく、ブログの記事は400字~1000字は書かないとダメだよね。

なんていうことをいうわけですが、これははっきりと言えば、
対検索エンジン、つまりgoogle様へのアピールということです。

 

人間様は1000字文字だけを書いているものを読まないんですね。
よっぽどのことがない限り。

 

イラストにはaltをつけよう

 

 

 

 

 

*ちなみにimageファイルにはalt=””やtitle=””という属性が付けられます。
これは検索エンジンにこのイメージがどんな内容なのかを伝えるためのものです。
詳しく知りたければ調べましょう。

 

 

だからこそ、文字で書いてあることをイメージでバシッとまとめて
上げるとすごく相手へ伝わります。

 

読んでもらうためのコツ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら、いつもだったら文字ばかりの、このサイトが初心者さん向けに
なっていると思いませんか?

 

 

ただ、欠点をいえば、
この図解は慣れないとすごく時間がかかるということ。

 

でも最初のうちはここを怠ってはダメなんですね。

文字に慣れているヘビーユーザーは別として、すごい難しいことを噛み砕いて
イラスト付きでわかりやすく説明してくれる人のサイトを何度も訪問しようと
ライトユーザー(アフィリに詳しく無い人)は思いますよね。

 

ここが極めて大切な考え方なんです。

 

 

あなたもすぐに使える活用法

では、ゆーすけはどうやってこのイラストを作っているかというと、
実はワードや素材集を活用しているのです。

 

今回のブログを更新している裏で動いているWord2010の画面キャプチャーです。

image

 

 

イメージを使いたければ、

メニュータブの中の[挿入]をクリックして、クリップアートを選択します。

image

 

あとは、サイドバーの検索にキーワードを入れて検索するだけ^^

これにワードアートや図形を組み合わせればあっという間に、
上で作ったような素材を作ることが出来ます。

 

 

そして完成したら、Windows Vista以降に標準搭載されている
画像キャプチャーツール[Snipping Tool]で切り取るだけ。

*スタートボタンを押して[プログラムとファイルの検索]に[Snipping Tool]と入れましょう

image

 

 

毎回立ち上げるのがめんどくさいなと思うなら、
タスクバーに表示されている時に、[Snipping Tool]のアイコンを右クリックして
タスクバーにこのプログラムを表示するをクリックすればOK

image

 

もちろんWordとか、Windows Live Writerなどもこの手順でタスクバーに
固定できるのでWindows Vista/7のユーザーは利用しましょう。
8は言わなくもがな・・・アプリで動かして下さい(汗

 

 

 

図やイラストをふんだんに使って作成すると
初心者さんたちは喜んであなたのサイトを見てくれますよ。

 

欠点は・・・表示遅いのでヘタすると読まれる前に閉じられることです(笑)
だからイメージを軽くするように意識することも大切ですね。