このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 趣味を実益にする | 旅行に行ったら写真を撮りまくろう
[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る

この記事の所要時間: 319

timessquare

 

こんにちは、ゆーすけです。

新学期が始まり多忙中でサイト更新がなかなか
できてません。常連の皆様もうしわけありません。

 

先月28日~今月の5日にかけてアメリカ、ニューヨーク旅行を
してリフレッシュをしてきました。

これに関してはまたいずれ正式なサイトを作って中身を公開して
行きたいと思います。

上記は新年のお祝いをする場所で有名な
ニューヨークマンハッタン島のタイムズスクエア前です。
なんかもっと派手な感じがするのですが私の写真のとり方が悪くてスミマセン。

 

今日のお話は、「趣味で稼ぐ」とテーマを考えてみましょう。

趣味で稼ぐ

よくアフィリエイトをやり始めた人は、
「趣味」なんかじゃ稼げないんだからよく売れる物販を
ランキングから抜いて作らなくちゃダメだ
!と言われたことあるでしょう。

私が初心者さんに進めているNEOノンバトアフィリエイト(改)も
基本は「あなたが好きな商品」ではなく「売れる商品」を売りましょう!と
推奨していますのでこれは間違っているわけではないのです。

目的がとにかくお金を稼ぐという追求でいくなら、
このやり方はまさに成功法なやり方でストイックにやり続ければ結果は
見えてきます。

 

ただ、慣れてきたらひとつのテーマ性のあるサイトを作っていくことで
今後大きなサイトを構築する練習もできますよね。

そんな時にあなたの趣味が大きなお金を生み出すことが出来るかもしれません。

 

人間って面白いもので、趣味にはすごくお金を掛ける人がいます。

 

例えば、「車」「バイク」なんてその典型でしょう。

女の人からしたら、なんであんなアルミホイールが1個10万円なんだよ!って
思うかもしれませんが、男の人からしたらお前のハンドバッグよりマシだ!って
思っているかもしれませんよね(笑)

 

人の価値観ってあなた基準で決めることはできないわけです。

 

これってすごく大切な考え方ですよね。

よくサイトを作る際に、「これは売れそうだ」「これは売れなさそうだ」っていう
判断を先にしてとりかかるか、とりかからないかを決めたりしますよね。

あとは「もう同じテーマがすでにたくさんあるだろうから作っても無駄だろう・・・・」とか。

 

こういう考え方が実はすごくもったいないということになります。

冷静にライバル数を見極めて、そのキーワードで戦えるか否かを冷静に
判断することも重要ですが、時に迷ったら作ってしまうと思わぬ結果を生み出すことが
あります。

1位(4,890,000中)になったが・・・(別窓で開きます)

 

もともとSIRIUSの練習用に作った「ラスベガスの観光案内」サイトだったんですが、
1位になってしまいまして・・・このサイトから報酬発生するようになってしまったんです。
(なので練習用サイトと若干こちらは異なってしまっているのですが)

 

こんな「ラスベガスの観光サイトなんてどこにでもあるし、もっとたくさん良いサイト有るよ」
って思われたあなた!

その通りです(笑)

 

でもきっと多くの人があんだけのライバルがいたら参入することを
避けてしまうのではないでしょうか?

 

作ってみたら結果として上位表示されてしまったという美味しい結果になったわけです。
まぁ、いつもそうなるわけではないですけどね。

 

趣味は実物があるなら写真をたくさん掲示すると良い

これは実物のある趣味や商品レビューなんかに言えることですが、
バシバシ写真をとっていろいろな角度から見せてあげると
訪問者さんを刺激できます。

 

簡単にいえば「サイトは読まれず、眺められている」というとわかるでしょうか?

細くあなたの作ったサイトを読んでくれる人はごく一部なので、
あなたが実際に撮った写真をいろいろと載せて「写真レビュー」のような
カタチでサイトを作ると結構な良いサイトに仕上がりますね。

 

あくまで上のサイトは練習用サイトなのであまりお金にすることを
考えずに作ってますし、写真も最小限のものしか載せてません。

私が実際に作った旅ブログは文字より写真がすごくおおいです。

まだアフィリエイトっていうものに出くわす前に作ったブログでは
実際に「今度グアム行くんですけど、アドバイスください」なんて
言わしめるほどでした。
(サイトの見た目は本当にしょぼいです 笑)

 

でもそういう写真がたくさん掲載されたサイトはテーマがいかに
ありふれていたとしても「オリジナリティー」が高いのでgoogleには
好まれますね。

 

例えば、google画像検索ではある画像をドラッグ・アンド・ドロップすると
類似の画像が引っ張りだされます。

つまり、画像でさえ、他のサイトのものを持ってきたらオリジナリティーは
無いと判断されてしまう可能性も有るわけです。

だからありふれたテーマのサイトでも、
あなたのオリジナルの写真がバシバシはっているとそれは
りっぱなオリジナルサイトとみなされて好感触(笑)なわけです。

 

余談 コピーするとどうなるか体験してみた(笑)

余談ですが、よくメルマガである「この素材をそのままお使いください」
というやつ有るじゃないですか。

試しにそれをそのまま使ってサイトを作ってみたらどうなるかの
実験をしたものがこちらになります(笑)

image

 

2月17日あたりに素材を頂いてそのままそれをコピペして
ページを2ページほど付け加えたら「4位」から一気に圏外へ
飛んでしまいました。

そのあと「すぐにページを削除」⇒現在7位という結果に
なっています。

オリジナルって大切だよ!

これを身にしみて感じた事例でした。

 

まとめ

というわけで、趣味がもし実態のあるものだったら
バシバシ写真をとってアップしていくといいですよ。

私も今回の旅行で500枚近くの写真を収めてきました。

特に普通のガイドブックに載っていないようなものを中心に
収めてくるとオリジナリティーのあるサイトが作れますよね。

 

今回は結構iPhoneで写真を収めたんですが、
GPSの位置情報が写真に収められているので、
具体的にどこで写真をとったかが簡単に地図上に
マッピングできたりするのでいいですよ。

細く地図を見ていくと、ちゃんとエリア内で写真が
分散されていますからね。

2014-03-14 06.41.27

 

 

 

というわけで、みなさんも旅行が趣味な人は
バシバシ写真を取り入れたサイトを作ると
訪問さんをワクワクさせられますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 趣味を実益にする | 旅行に行ったら写真を撮りまくろう
[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る