このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アフィリエイトに役立つExcel活用法|キーワード調査を効率化
[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る

この記事の所要時間: 554

 

こんにちは、ゆーすけです。

 

前回のキーワードツールでちょっとEXCELVBAに
久々にはまってしまい。勉強モードで記事を更新するの
忘れてました。

 

勉強の成果ではないですが、文末のほうに
無料プレゼントがありますので、お楽しみに^^
記事をちゃんと読んでからでないと活用できませんよ。

 

 

EXCEL VBAってIE(インターネットエクスプローラー)を
自在に操れるんですね。

 

本屋でちょっと専門書を買ってみるかってことでいったら
まさに私好みの本が2013年3月に出てました。
もちろん即買でした。

 

 

こちらの本、IEをExcelで操る手法が網羅されていて素晴らしいのですが・・・
VBAがわからないとちょっとむずかしいかもしれません。
(というわけで大多数の人はスルーで)

 

すべては「楽ができないか?」から始まる

アフィリエイト活動をしていると、
日々やることが多くてげんなりしてくることでしょう。

 

例えば、そのうちの一つに「ライバル調査」というもの
があります。

 

自分が紹介したい商品をなんの「キーワード」で上位表示
できるのか?狙いのキーワードは一体なんなのか?

 

という調査が、以外に時間かかるんです。

 

ここで、「楽ができないか?」と思い始めて・・・
ついついサイト自動生成ツールなんかに手を染めて・・・

 

私もサイトの自動生成ツールは持ってますし、稼働させている
のもあります。
ただこれに頼っていたらいつまでたっても「勘」が養えないですね。
(そのツールはサポート?メルマガが毎日鬼のように流れてきてます)

 

なので、そういう専門ツールを購入するのも当然
効率化のためにはいいと思います。

ツールにお金を払って、時間を節約(買う)というまさに合理的な選択肢!

 

ツールでバサッとライバル関係を調べあげ、
弱小キーワードをガンガン見つけてサイトを作る。
こちらのほうが確実だし、絶対に速く報酬が手に入ります。

 

なので、ライバル調査のためのキーワード選定という行動は
避けて通れない道だと思って下さい。

 

3つの検索方法を知ろう

GoogleやYahoo!で検索をするときに、
一般の人は単に検索ボックスに「キーワード」を入れて叩くことでしょう。

 

例えば、「iPhone5」の何かを探している人はここに「iPhone5+◯◯」と
入力してボタンを押して情報を探します。

image

 

これは(1)通常検索といって、極普通のやり方です。

こうした検索以外に、(2)「intitle検索」と(3)「allintitle検索」というのを
覚えておくといいです。

 

(2)intitle検索とは?

例えば「iPhone 在庫あり」というキーワードで検索をすると
iPhoneまたは在庫ありというキーワードのどちらかがタイトルに
含まれている場合の検索結果が表示されます。

 

allintitle検索とは?

同じく「iPhone 在庫あり」というキーワードで検索をすると
iPhoneと在庫ありというキーワードがタイトルに含まれている
場合の検索結果が表示されます。

 

このへん、たぬきちさんがすげー詳しく解説してますので
そちらを参照ください。

>>intitleとallintitleを使い分ける理由(別窓でひらきます)

 

狙いを定めて撃ち抜こう

image

 

検索エンジンは何よりもサイト(ブログ)タイトルに含む
キーワードを重視します。
そして次に記事タイトル、本文のキーワードを重視する
と考えるとわかりやすいでしょう。

このへんの詳しい事はhtmlの勉強をしてみるといいと思います。

 

googleやYahoo!の結果はすべて
サイトタイトルor記事タイトルに対してリンクが貼られていますよね?

image

 

タイトルに「キーワード」を込めることがまず何よりも重要です。

 

ですから、狙ったキーワード(検索者が検索するであろう語)を
サイトタイトル・記事タイトルに入れることは死ぬほど重要なわけです。
ここが出来るか出来ないかで大方、勝負は決まります。

 

特に物販アフィリエイトでは「商品名+購買意欲の高いキーワード」という
複合キーワード(2語以上のキーワード)でサイトを作ろう!って
一度は聞いたことありますよね?

 

例えば「ルイージマンション2」という商品だったら、
「ルイージマンション2 通販」
「ルイージマンション2 販売」
「ルイージマンション2 予約」
「ルイージマンション2 楽天」

 

という感じです。

こうした複合キーワードに対してライバル関係を調査すると
いいですね。

 

特に狙いを定めるならallintitle:検索でライバル状態を調べましょう。
allintitle:の狙い目数は1000件(激熱)、3000件(熱い)
という目安を皆さん持たれているみたいですね。

 

ちなみに私もこれは賛同できます。
1000件以内だった商品は1ページ目を狙って表示できることが
多いですし、最低でも2ページ目ぐらいまでには表示させてきました。

 

ぜひライバル関係を把握するためにもallintitleを使って見て下さい。

検索窓に[allintitle: ◯◯]で検索をすればいいだけです。

 

具体的な手順

1)売れそうな商品を選定

2)商品+購買意欲の高いキーワードで複合キーワードを作る

3)allintitle:検索でタイトルにキーワードを含むサイトを調べる

4)検索結果の数字+サイトの中身を10位ぐらいまで実際に見てみる

5)ライバルを倒せそうなら(記事数・テンプレ関係)サイトを作成する

 

うーん。やること多すぎて気が滅入る・・・。
これが大体アフィリエイトやり始めてすぐ辞める原因の一つです。

 

さて、やっと本題のExcelです(笑)

あなたのもってるExcelやオープンオフィスを活用してみましょう。

1)キーワードジェネレーターを作ってみる

あるセルに商品名を入れると購買意欲の高いキーワードが
生成されるようにしてみましょう。

image

 

E3のセルに商品名を入力してB6~に複合キーワードを表示させます。
上のセルに表示されている=$E$3&” “&Sheet2!A1はB6のセル内容です。

 

=$E$3&” “&Sheet2!A1

  • $は絶対参照といって、E列と3行目を固定して、コピー後も動かしませんよという意味
  • &は結合といってそれぞれの色を1つにする記号
  • ” “は空白のある文字を意味
  • Sheet2!A1はSheet2のA1のセルを参照しているという意味

 

ちなみにSheet2のセルにはこんな内容が入ってます。
一応こんな言葉が購買意欲の高いものかなっていうのを50個集めてみました。

image

 

だから

E3にiPhoneと入力されて、Sheet2のA1には通販と入力されているので
結合された文字は「iPhone 通販」という文字が表示されるわけです。

 

なのであなたがキーワードを増やしたり、減らしたりしたければ
Sheet2の文字をいじればOKですね。

 

あとは、Yahoo!UNITサーチの検索結果などを貼り付けてもOkです。

 

2)キーワードをExcelから検索してみる

これも、大掛かりなことではなく、単に関数で実現出来ます。

image

 

hyperlinkという関数があります。

=hyperlink(“リンクURL”,”表示文字”)

 

このリンクをクリックするとブラウザがひらき、
ライバル関係を調査できます。

 

今回はYahoo!検索を利用してキーワードを取得

http://search.yahoo.co.jp/search?p=◯◯◯キーワード◯◯◯

とリンクを貼れば◯◯◯キーワード◯◯◯が検索されます。

 

  • 通常検索:HYPERLINK(“http://search.yahoo.co.jp/search?p=”&$B6,”ここクリック”)
  • intitle検索:HYPERLINK(http://search.yahoo.co.jp/search?p=intitle:&$B6,”ここクリック”)
  • allintitle検索:HYPERLINK(http://search.yahoo.co.jp/search?p=allintitle:&$B6,”ここクリック”)

 

B6はキーワードジェネレーターで作られた複合キーワードでしたね。

これを検索しなさいという命令が「こちらをクリック」の関数の中身です。

 

 

こんな感じでキーワード調査をしたらちょっとは
楽になると思いませんか?

 

え?

作るのがめんどくさい?

 

 

 

そりゃそうだ(笑)

 

 

 

 

 

あげます^^

何か他に面白い使い方があったら逆に教えて下さい!

 

ライバル調査Excelシート無料プレゼント

 

>>キーワード調査ツールはこちらをクリック

 

ExcelでもOpenOfficeでも稼働すると思います。
マクロがあると表示された場合は無効にして下さい。
マクロ使ってないんですが、ちょっと操作ミスで消せませんでした^^;

 

キーワード調査ツール(ライバル数取得版)を特典にすることが決定しました。

  • NEOノンバトルアフィリエイト
  • カンタン記事かけるくんThe Movie DX

 

上記商材に、

ゆーすけ作成キーワード作成・調査ツールをつけることが
正式に決定しました(現在動作確認調査中)。

 

もちろん、過去の購入者さんにも無償配布致しますので
いつ商材を買われても損になることはありません^^
(購入者通信が受け取れてない状態だともらえません)

開発中の画面ですが、こんな感じ。

こちらはボタンを押すだけで、ライバル数を自動的に
ExcelにIEから取得します。

image

その後、見たいキーワードの件数をクリックすると、
ブラウザが立ち上がり、ライバル関係を目視できます。
無料ファイルでは「こちらをクリック」となっていたやつです。

(フィリップスのノンフライヤーバカ売れ中なんですがallintitleの結果が!!!)

キーワードによっては「産地直送」って(笑)
ありえないものにもなりますが、多くの物には対応するでしょう。

そのうちサービス編なんかも作ろうかな?

 

キーワードライバル数取得マクロ(開発画面)

 

 

Excelを持っていない人は無料のOpenOfficeというのがあります。

そちらでも動くようにいま変換をしております^^

正式発表はまだちょっと先(今月中にはやりたいな)です。
お楽しみいただければと思います♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アフィリエイトに役立つExcel活用法|キーワード調査を効率化
[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る