この記事の所要時間: 30

image

 

こんにちは、ゆーすけです。

今日はふと最近実践しているなかで思ったことから記事を
書いてみたいと思います。

 

アフィリエイトブログ(サイト)にリンクを貼るべきか?

NEOノンバトルアフィリエイトでもなんでも
作ったページの最後には誘導を促すリンクを貼っていく。

 

これがアフィリエイト教材の定番的なフォームになってますよね。
おそらくマニュアル通りにやっていたら、5記事アップして、
5記事すべて最後にちょろっとリンクを張ってみたりしてると思うんです。

 

でも実際にこれってやるべきなんですかね?

 

考え方1

サイト(ブログ)はトップページから入ってこないんだから
各ページでクロージングをすべきなんだ。

考え方2

いや情報を集めている人や本気で迷っている人ならそのページを足がかりに
必ず他のページも見てくれるから無理にリンクを貼る必要はないよ。

 

あなたはどっちでしょうか?

 

私は実はここあまり考えたことがなくて、
マニュアルどおりにやってたのですが、ここのところ
記事更新しててペンギン刈りに合うケースが散見されています。
もちろんパンダに当たるケースも考えられるのですが・・・。
今回のテーマはペンギンを想定したリンクについてです。

 

私は考え方1から考え方2へシフトチェンジしたほうがいいのかな?と
最近思って来ました。

 

ペンギンは質の悪いリンクやアフィリリンクばかり
はったサイトを狩っていくということを考えると必要以上の
リンクを貼るべきではないのかな?という考えになって来ました。

 

 

最近衝動買いした風花心伝Rebirthっていう教材を読んでて
これ再確認したんですよね。

 

 

え?

>スリーイージーアフィリエイト買ったばかりだろ!?

 

その事実を知ってるあなた!
このサイトのファンですね^^

 

いいんですよ。情報商材ブログなんだから、ある意味
運営者っていうのはノウハウコレクター的な性質がなければ
いけないんです(と勝手に言い訳してみる)。

 

情報提供のために、身銭を切ることはいけないことではないですよ。
実践しないでノウハウだけを読んでおしまいなら浪費だけど、
そこから何か一つでも気づき、実践に役立ったり読者のためになる
発信ができるならそれは投資ではないかと?

 

 

で、リンクの話だった・・・(^^;

 

 

この風花心伝Rebirthの中に客を呼ぶための記事と、レビューのための記事の
2way方式で記事を仕立てるのが実はいいんだよ。みたいな記述があった時に
自分のNEOノンバトや他のサイトアフィリエイトのことをふと思い出したんですよ。

 

 

あ、これ的を射ているなと。

 

 

本気で何かを書いたい人って購買意欲の高いキーワードで狙ってくるけど、
そこまでいかないけど情報収集しているなんてケースもあるわけですよね。

 

特に後者の人は絶対にアフィリエイトリンクを張ってたら逃げる可能性大だから
無理に貼らないで興味があったら別の記事を読ませて飛ばすほうが理にかなっている
のではないかなと。

 

これはライバルが多くないという点でも言えるのではないかなとおもうんです。

 

商品名+通販

商品名+購入

商品名+激安

商品名+送料無料

 

などは確かに購買意欲は高いキーワードだけどみんな思いつくから
やっぱり上位表示されにくいですね。上位表示されなければ結局は
報酬から遠のいてしまう。

 

だったら無理に販売サイトなんだけど、
その商品に関連したコラムなどをどんどん載せてロングテールで
客を拾っていったほうが確実なのかなって思うんですよね。

 

ただ難しいのは購買意欲が高いとは限らないから、それを覆して
買っていただけるようなライティングをしないといけないという
難易度もちょっとあがりますけどね。

 

だからこうしてリンクを全く貼らないコラム記事みたいな
のをどんどんいれていくというのもひとつのやり方なのかな?
って思うんです。

 

 

いまスリーイージーアフィリエイトでインクプリンタ関係の
サイトを一つ構築しているんですが、どうしても商品サイト
ってページが似通ってしまうでしょ?

 

すると今度は発リンクも大量に同じ方向へ向けられてしまうし
内部ページどうしの構成も似てるしまう。更には販売ページの
リライトが下手するとパンダ発動条件になってしまう・・・。

 

もう負のスパイラルなわけですね。

 

 

だからタイトルはインクプリンタの通販サイトなんだけど、

 

記事にコラムをどんどん入れてみようかとおもってます。

例えば、

 

「クリーニングキットは不要! インクづまりは車の◯◯◯を使う!?」

「インクの顔料と染料って何が違うの?」

 

なんていう記事を入れるのもありかと。

 

 

稼ぐマニュアルは普遍性のあるものではないから、
刻々とgoogle先生の気分によって変わるところがあります。
だから、出来る工夫っていうのをやっていくのってすごく
大切なことじゃないかなって思います。

 

マニュアルに忠実であることも当然必要なんだけど、
時に自分で工夫することも大切ですよね。

 

 

価値のあるブログとは、

  1. 人を楽しませることが出来る
  2. 人の役に立つ

のどちらかを満たすこと。

 

 

風花心伝Rebirthの名言を見た気がします。

まぁ、この教材は私はアフィリエイトしないんだけどね(笑)