この記事の所要時間: 334

imageこんばんは、ゆーすけです。

 

今日は高校生のテスト対策で校舎出勤中です。

いろいろとやることが多くててんやわんやです。

 

material_99_10_sあなたの1クリックが励みになります。

 

 

直帰率を下げる工夫

さて、今日は直帰率を下げる工夫のお話。

Google Analyticsを使っているユーザーには役立つ情報だと思います。

 

そこそこサイトを作り上げて、ちゃんとアクセス解析を

されている方は一度は直帰率という言葉を聞いたこと

ありますよね?

 

直帰率とは

あなたのサイトの最初の1ページ目を見て

帰ってしまう人の率を直帰率といいます。

 

似た言葉に「離脱率」というのもあります。

 

離脱率とは

直帰率とは違い、目的を遂行することなく

別のサイトへ出ていってしまう人の率を

離脱率とよびます。

 

image

 

 

で、この直帰率っていうのはブログを運営していくと

やっぱり気になる指標の一つなんですが・・・・

 

運営すればするほど下手すると直帰率は上がっていくと思いません?

 

 

もちろん、直帰率を減らすには優秀なコンテンツ

検索者の役に立つコンテンツを書くことは当たり前

なんですけどね。

 

 

固定客って例えば毎日更新してるサイトの一番トップしか

見なく無いですか?

 

 

だって、ファンはいつも来てくれてるし隅々までもう

コンテンツを見ている可能性ありますからどうしても

直帰率って上がるんです。

 

 

実はゆーすけのサイトも直帰率が最近60%を超えてて

 

 

はぁ・・・すげー無視されてるのかなぁ・・・と凹んで

いたんですよ。でも実はそうじゃないんだよーってことを

知ったんです。

 

 

 

アフィリエイト仲間のななさんが教えてくれた

サイト「海外SEO情報ブログ」っていうサイトの中に

そのヒントがありました。

 

 

本当の直帰率の測り方っていう記事なんですよ。

 

 

ただし、このページの設定は2009年のものだったので

Google Analyticsの設定が今と違うんですね。

 

 

でいろいろと検索をしてみたら、2012年に最新版の

Google Analyticsで設定をする方法を載せてくれたサイトを

見つけました。

 

ホントの直帰率を知るための設定方法

<script>
var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push([‘_setAccount’, ‘【プロパティID】’]);
_gaq.push([‘_trackPageview’]);
setTimeout(‘_gaq.push([\’_trackEvent\’, \’NoBounce\’, \’Over 10 seconds\’])’, 10000);
(function() {
var ga = document.createElement(‘script’); ga.type = ‘text/javascript’; ga.async = true;
ga.src = (‘https:’ == document.location.protocol ? ‘https://ssl’ : ‘http://www’) + ‘.google-analytics.com/ga.js’;
var s = document.getElementsByTagName(‘script’)[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();
</script>

 

 

【プロパティID】をあなたのプロパティIDに置き換えて

ブログに設置すれば本当の直帰率が図れるようです。

 

 

ちょっと解説

 

setTimeout(‘_gaq.push([\’_trackEvent\’, \’NoBounce\’, \’Over 10 seconds\’])’, 10000);

 

 

というところがポイントです。

 

この設定は10秒以上の滞在ユーザーをNoBounce(バウンス[直帰]しない?)

ということみたいです。

 

15秒以上の設定にしたければ10000の数字を15000にすればOKみたい。

 

 

(すいません・・・すべてみたい という記述で)

 

 

詳細はこちらのサイトに書かれていました。

サイト作成のお話で参考になるところもあるので

大月さんのページを読んでみてくださいね。

 

大月さんありがとうございます!!

>>ニイハチヨンサンの代表者のブログ

 

 

 

とりあえず、この設定をして、昼間見てみたら

ゆーすけのサイトの直帰率はこんな感じです。

image

 

 

 

直帰率0!

 

 

ただ、本当に10秒以下で離脱しちゃう人の

数が多ければ・・・これはこれで問題になるよね。

 

 

そのへんはキーワードとコンテンツをちゃんと

良い物にして行かないとだめだよね。

 

 

訪問者数・・・しかし少ないなぁ・・・。

 

 

編集後記

 

昨日のキーワードサジェストツールは

何人かの方にすごく興味を持っていただきありがとうございます。

いま製作者さん(販売者)と最後の詰めをしております。

 

昨日いいはぐったのがこのツールはサーバー設置型

なのでレンタルサーバー持ってないと使えないんです。

 

またツール購入者さんはキーワードサジェストツールを

再配布出来る権利ももらえます(^^

 

詳しいことはまたこのブログで発表いたします。

楽しみにしていてください。

 

 

material_99_10_sあなたの1クリックが励みになります。

 

 

ご相談や質問あればゆーすけまでメールをお気軽に♪

こんなことを質問したら恥ずかしいなぁ。

バカにされないかなぁ・・・

悩んでないでゆーすけに相談してくださいよ♪

メールサポートはかなり細かくやってます。気楽にね。

image

お問い合わせはこちらから